白内障診療の流れ

  1. ホーム
  2.  > 診療のご案内
  3.  > 多焦点白内障手術

多焦点白内障手術

白内障手術(自費診療)について

白内障手術には2種類ございます。
多焦点の眼内レンズを使用する
自費診療の手術についてご紹介いたします。

料金は以下の通りです。
379,800円(片眼・税込み)

多焦点眼内レンズとは

焦点を、遠く~近にあわせられるレンズを
眼内に入れる手術です。
生活に必要な距離を大体カバーできるようなレンズです。
眼鏡で言う遠近両用レンズのようなものです。
単・多焦点それぞれの見え方のモデルをご覧下さい。

単焦点眼内レンズを遠くに合わせて手術された場合
下の写真のように、遠くは良く見えますが
携帯電話の画面はほぼ見えません。


つぎに多焦点眼内レンズでの手術をされた場合です。
上の写真と見比べて頂くと分かりやすいですが
遠くの時計を見ながら、近くの携帯電話の画面も見えます。


上記のように、単焦点の眼内レンズだと、遠くか近くか
お選びいただいた距離にしかピントが合いませんが
多焦点眼内レンズですと、遠くと近くの両方がほぼ見えるようになります。
つまり眼鏡をあまり必要とせずに生活して頂くことが可能です。
特に女性の方は、お化粧の際にとても便利というお声を良く頂いております。

特徴

<レンズ形状>



単焦点のレンズと同じで直径6mmほどで、後嚢に固定するためのループがついています。
一度目の中に挿入すれば、取り替える必要はありません。

<良い点>
・遠・近にあわせられるので、手術後眼鏡などの必要はなくなります。
・手術日の帰りの際・翌日の診療に来て頂く際のタクシーを当院にて手配いたします。
・手術費用は掛かりますが、当院は先進医療認定クリニックとなっておりますので
ご自身の加入されている保険に先進医療の適応があれば、加入保険をご利用いただけます。
<悪い点>
・若干視力の安定に時間がかかる場合があります。