診療のご案内 オルソケラトロジー

白内障の日帰り手術も行っております。

手術紹介はこちら

  1. ホーム
  2.  > 診療のご案内
  3.  > オルソケラトロジー

オルソケラトロジー

オルソケラトロジー

オルソケラトロジーとは

オルソケラトロジーとは、レーシック(レーザーで角膜を照射し削る治療)と並び、裸眼での視力回復するための治療法のひとつです。レーシックとは異なり非侵襲的な方法で、「夜寝るときに酸素透過性の高い特殊な形状のレンズを装着し、寝ている間に角膜の形を矯正し、朝レンズをはずした後も日中は裸眼で生活できるほどの視力をだすコンタクトレンズ」のことです。名前の由来は、ギリシア語の「ortho(矯正)」、「kerato(角膜)」、「logy(学問・療法)」という言葉を組み合わせたもので、「ortho-keratology(角膜矯正療法)」という意味となります。

オルソケラトロジーは保険外の診療となります。、下記はそのレンズの価格になります。
両眼/162,000円(税込み)
片眼/81,000円(税込み)
※-5.25D以上の度数の方は1枚につき11,800円追加となります。

オルソケラトロジーの医療費控除に関しまして
当院にて採用しております、オルソケラトロジーレンズ:マイエメラルド」は、 米国FDA・ヨーロッパCEマーク認可の長年世界各国で使用されておりますレンズになります。 日本国内でも2010年9月に厚生労働省で認可されました。
マイエメラルド公式サイト
医療費控除の対象にもなりますので、10万円を超した費用は補助が得られます。 詳しくはこちらの国税庁による回答ページをご覧下さい。
オルソケラトロジー(角膜矯正療法)による近視治療に係る費用の医療費控除

このような方におすすめです

実際例

実際例
実際に当院でオルソケラトロジーをされている方の例です。

詳細はこちら

オルソケラトロジーによる矯正

オルソケラトロジーとは特殊デザインの高酸素透過性コンタクトレンズ“オルソ・ケーレンズ”を用い、角膜の形状を矯正し、視力を回復させる角膜矯正療法のことです。夜寝るときにレンズを装用し、朝起きてはずすだけで視力が回復し裸眼で生活します。
この治療は角膜の形状とレンズがあっているかにかかってくる矯正方法です。そのためにも、オルソケラトロジーを始める前の検査が重要になってきます。また、このレンズ矯正ができるかの適応範囲があり、高度近視の方は適応外のこともありますのできちんと検査をしましょう。

詳細はこちら

オルソケラトロジーの体験談

実際にオルソケラトロジーを実施されている方の声です。

詳細はこちら