診療のご案内 まぶたの手術(眼瞼下垂など)

アンチエイジング治療も行っております。

治療紹介はこちら

  1. ホーム
  2.  > 診療のご案内
  3.  > まぶたの手術(眼瞼下垂など)

まぶたの手術(眼瞼下垂など)

保険が適応される手術紹介
料金表
眼瞼下垂の手術

局所麻酔にて片眼約30分から60分の手術です。手術方法は症状により異なり、皮膚切開と眼瞼挙筋の短縮を組み合わせ、機能的に上眼瞼の引き上げをおこないます。

眼瞼下垂にともなう頭痛・肩こりのほか、額のしわの軽減など、整容的な改善も図ります。
当院の特徴はそれに加え、形成外科専門医が美容的な美しさを追求する手術を行っております。

▲ ページ先頭へ

眼瞼内反(逆さまつげ)の手術

瞼が眼の内側に向いて、まつ毛が黒目(角膜)に触り、角膜に傷がついてしまい、時に視力障害を及ぼすときに手術を行います。方法は様々あり、瞼の状態や年齢により手術方法を決定します。
形成外科専門医が行います。

▲ ページ先頭へ

眼瞼周囲の腫瘍手術

眼のきわにできた腫瘍の摘出を行います。また、当院では形成外科専門医が行いますので眼周囲に限らず、顔面や頚部のできものについても、最小限の傷跡で手術を行います。

▲ ページ先頭へ

自費で診療が必要な手術紹介
料金表
二重まぶた・目頭切開

埋没法と切開法があります。それぞれに長所・短所があります。形成外科専門医との相談により良い方法を選択していきます。加齢によりたるみを生じているときは、たるみ取りも合わせて行います。
眼のことについては、眼科専門医が担当していきます。

▲ ページ先頭へ

下まぶたのふくらみ・たるみ

アンチエイジング治療の一つとして挙げられます。下まぶたのたるみ及びしわを取ることにより表情を明るく変化できます。手術がやや長く(2時間)、腫れる時間が長いです。形成外科専門医が担当して行います。

▲ ページ先頭へ

ほくろの切除手術

眼の周囲、顔や首の気になる部分のほくろを取ります。形成外科専門医が担当することで最小限の目立たない傷跡で手術を行います。