診療のご案内 レーシック(LASIK)

白内障の日帰り手術も行っております。

手術紹介はこちら

  1. ホーム
  2.  > 診療のご案内
  3.  > レーシック(LASIK)
  • 「医師の横顔」特別インタビュー:01.池本  繁弘  医師 詳細はこちらから
  • メディア紹介「掲載されたマスコミ媒体のご紹介」
  • 関連施設のご案内「当院の関連設備・施設のご紹介」
  • 体験談「お客様の症状別体験談をご紹介」
赤坂コンタクト:コンタクトレンズのご用命は、ディスカウント価格の赤坂コンタクトへ

おススメ情報


キャンペーンが目白押し!
ぜひサイトのキャンペーン情報をご確認下さい!

ワンデーアキュビュートゥルーアイ
¥ 2,780円 (税込)
アキュビューオアシス
¥ 3,090円 (税込)
アキュビューアドバンス
¥ 2,680円 (税込)

レーシック(LASIK)

レーシック(LASIK)とは

Laser in Situ Keratomileusis (LAser in SItu Keratomileusis)
『レーザー・インサイト・ケラトミレウシス』
レーザーを角膜の正常な場所に照射し修正(治療)するという意味です。

角膜屈折矯正手術の発見は、1860年代にさかのぼります。眼に入ったガラスの破片を、取り除いた際に近視が正視化したことがわかり、それがきっかけとなって、角膜の形を変えて光の屈折を矯正する手術方法が研究され始めました。

レーシック(LASIK)に用いられるエキシマレーザーは生体組織に照射しても熱を発することがなく、 手術中・手術後の痛みがほとんどありません。手術時間は両眼でおよそ10分。そのうち、レーザーをあてる時間は、手術前の近視の度数によって若干変わりますが、約数10秒で終わります。
手術後は10~20分ほどクリニック内で休憩していただいて、すぐに帰宅できます。入院の必要はありません。経過の良好なケースでは、手術後間もなく視力が回復しはじめます。

当院では視力回復専門クリニックの医療法人社団稜歩会神戸クリニック広尾と業務提携しており、次世代レーシックであるiLASIK®の施術も可能です。

レーシック(LASIK)の特徴
  • ・手術時間は両眼でおよそ10分前後、入院は不要
  • ・点眼麻酔でほとんど痛みはありません
  • ・視力回復が早い
レーシック(LASIK)による手術の大まかな流れをご覧ください。
  1. 手術の前に点眼薬で麻酔します。
  2. イントラレースで角膜の表面を削り、フラップをつくります。
  3. フラップをめくります。
  4. エキシマレーザーを照射して、角膜の屈折を強制。近視や乱視を治します。
  5. 元の位置にフラップを戻します。
  6. フラップを自然に癒着させます。

▲ ページ先頭へ

アイレーシック(iLASIK®)とは

従来のレーシック(LASIK)と比べ、視力回復を必要とする皆さんの一人ひとりの眼に合わせて、すべてをカスタムメイドで治療する次世代のレーシック(LASIK)テクノロジーが、アイレーシック(iLASIK®)です。
そしてこの新しいレーシック(LASIK)は、アメリカ国立航空宇宙局(NASA)もその高い安全性、高品質の視力回復の点から、宇宙飛行士に認めています。 アイレーシック(iLASIK)

詳細はこちら

神戸クリニックとは

神戸クリニックでは、レーシック(LASIK)、アイレーシック(iLASIK®)以外でも、お客様のニーズにお応えするために様々な屈折矯正手術をご用意しております。
また、開院以来、8万4千症例以上(平成21年7月末日現在)の実績があり、高い顧客満足度を提供しています。
当院の希望者は神戸クリニック広尾で優待価格にて施術が可能です。執刀も当院院長の徳田が行います。詳しくはスタッフまでお問い合わせください。

詳細はこちら