診療のご案内 眼瞼下垂について

美容のための日帰り手術も行っております。

手術紹介はこちら

  1. ホーム
  2.  > 診療のご案内
  3.  > 眼瞼下垂について

眼瞼下垂について

瞼の構造

眼瞼下垂について、ご説明するまえに、まずは瞼の構造を理解しましょう。
瞼の構造を理解することで、眼瞼下垂への理解や、治療を受ける際に正しい治療を受けることが
できているかどうかを判断する材料にもなります。



・瞼の開くしくみ
瞼は、主に眼瞼挙筋が収縮することで、瞼板(けんばん)が持ち上げられ開きます。
・眉毛(びもう)
まゆ毛のことです。
・睫毛(しょうもう)
まつ毛のことです。
・眼輪筋
目を閉じる時に使う筋肉です。
・瞼板(けんばん)
まぶたの縁の裏側にある、軟骨のような組織です。
この瞼板(けんばん)と、眼瞼挙筋(がんけんきょきん)がしっかりと結合していることが
まぶたを開く動作には非常に重要です。
・眼瞼挙筋(がんけんきょきん)
まぶたを持ち上げるための筋肉です。
この筋肉が、収縮・弛緩することで、まぶたが開いたり閉じたりしています。
眼瞼挙筋は途中から瞼膜と呼ばれる膜様の腱になり、瞼板に付着しています。
先天性の眼瞼下垂の場合には、この筋肉の動きが弱かったり、機能していない状態が多くみられます。
・ミューラー筋
本来の役割はまだ解明されていません。
眼瞼挙筋の緊張度を感知するセンサーとして働いていると考えられています。
眼瞼下垂(瞼膜性)になると、このミューラー筋を収縮させて瞼板を引き上げようと補佐的な手段として動作します。
ただし、ミューラー筋は本来、瞼を持ち上げるための筋肉ではないので、このような補助的な動きをすると
一見関係のなさそうに思える、動機や睡眠障害、不安症や緊張症など自律神経失調症を引き起こす原因となります。
・虹彩
角膜と水晶体の間にある薄い膜です。瞳孔の大きさを調節し、網膜に入る光の量を調節する役割を持っています。
・瞳孔
虹彩によって囲まれた、光を通す穴です。

▲ ページ先頭へ

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂とは文字の通り「眼瞼」が「下垂」している状態を言います。
眼瞼とは「まぶた」のことで、下垂は「垂れ下がる」ということ。
顔を正面に向けた状態で、眼を普通に開眼したとき、瞼が瞳孔(黒目)にかぶさった状態になり
しっかりと上まで持ち上げられていない状態をいいます。
つまり、瞼を上げるための筋肉(眼瞼挙筋)が機能的に弱くなり十分に瞼が上がらない状態です。
先天性眼瞼下垂と後天性眼瞼下垂、片眼性と両眼性など様々のタイプがあります。

後天性眼瞼下垂には加齢性、コンタクトレンズ長期装用などの機能的筋肉の障害、糖尿病などの疾患による眼瞼下垂ものが挙げられます。

▲ ページ先頭へ

症状
  • ・瞼が上がらず目が開けづらい。
  • ・瞼が重い
  • ・涙がでる。
  • ・眼をあけるときに額にしわができる。
  • ・肩こりや頭痛、頚部の痛みなどがよくおこるなどの不定愁訴。

特に後天性眼瞼下垂について、開瞼機能低下が頭痛・肩こり・首の痛み・冷え性・不眠などの不定愁訴を合併することが多いです。
眼瞼下垂の症状チェックページにて、ぜひ簡単に自己診断してみられてください

▲ ページ先頭へ

治療

眼瞼下垂手術をすることにより、交感神経過緊張を緩和するため血行・代謝が良くなり、不定愁訴も改善されています。

当院では形成外科専門医との連携により機能的で美しい結果になる手術を心がけています。