診療のご案内 眼科ドックの検査内容

白内障の日帰り手術も行っております。

手術紹介はこちら

  1. ホーム
  2.  > 診療のご案内
  3.  > 眼科ドックの検査内容

眼科ドックの検査内容

眼科ドックでわかること

人間ドックは今では細分化されつつあります。脳ドック、心臓ドック、婦人科ドックなど様々な分野で細かくチェックをおこない、予防医学の発展がみられます。

それと同様に、眼科ドックでは“眼”のみに限定をし、眼のほとんどすべてについて検査を行っていきます。

このような方はぜひ眼科ドックをお勧めいたします。

  • ・40歳以上の方
  • ・血縁者に緑内障の方がいる方
  • ・糖尿病や高血圧、偏頭痛のある方
  • ・近視の強い方
  • ・眼精疲労や不定愁訴が長い方
  • ・一度も目の検査をしたことがない方

▲ ページ先頭へ

眼科ドックの検査項目
1 ) 問診 問診表にて症状のチェックをします。
2 ) 視力検査 コンピューターと視力検査表(他覚的、自覚的視力検査)を使い近距離視力と遠距離視力を測定します。また、眼鏡・コンタクトレンズの度数があっているかも調べます。
3 ) 眼圧検査 眼の硬さ・圧力の測定
4 ) Triris(眼精疲労測定器) 瞳孔の反応をみて、眼精疲労、調節の年齢、ドライアイ、VDT症候群など判定します。
5 ) 細隙灯検査 眼の形状・前房の形状・角膜(涙液の状態も含む)・結膜・強膜などの所見を行います。
6 ) 角膜形状解析検査 角膜の形状をそくていし、乱視や不正乱視、円錐角膜などが検出されます。
7 ) 角膜内皮細胞検査 先天的な異常や、コンタクトレンズ使用により減少しているかなどをみます。
8 ) ドライアイテスト シルマーテスト、DR-1による涙の油層検査、フルオレセインによる角膜上のドライアイチェック、ブルーフィルター使用による結膜状態の検査を行います。
9 ) 細隙灯検査による
中間透光体の検査
瞳孔を散瞳後に白内障、硝子体混濁の有無などみます。
10 ) GDx Access 網膜神経線維層厚測定(緑内障診断に有用です。)
11 ) ハンフリ-視野検査 コンピューターによる静的視野検査。
12 ) 散瞳後の眼底検査 視神経・網膜の詳細な検査、網膜剥離などの有無を検査します。
13 ) 眼底写真 視神経・網膜の撮影を行い血管・神経をみます。

▲ ページ先頭へ

眼科ドックの検査費用
検査費用 19,440円(税込)

※全ての検査結果をお渡ししております。