診療のご案内 緑内障の治療

白内障の日帰り手術も行っております。

手術紹介はこちら

  1. ホーム
  2.  > 診療のご案内
  3.  > 緑内障の治療

緑内障の治療

緑内障とは

緑内障とは、健常眼圧(normative intraocular pressure)を超えた眼圧のために、視神経の視神経線維が圧迫され、視神経節細胞が死滅しその結果、機能的・器質的な視覚障害をきたした状態をいいます。言い方をかえますと眼球内の房水の放出に問題が起こり、健常眼圧(目の硬さ)が高くなることで、視神経を圧迫し、視野の狭まり・失明を引き起こす病気です。

この病気は、日本において40才以上の約20人に1人、約400万人が緑内障患者とされています。中途失明の原因としては1番目を占めています。日本では約30万人が治療をうけており、全体の緑内障患者様のうちで約1割程度と考えられています。

緑内障には、代表的に5つに分類されます。

  • (1)開放隅角緑内障
  • (2)閉塞隅角緑内障
  • (3)正常眼圧緑内障 (日本人の緑内障の約60%がこのタイプ)
  • (4)続発性緑内障 (ほかの病気・状態から次に眼圧が上がってくるタイプ)
  • (5)先天性緑内障 (隅角に先天性の異常をもつもの)

さらに、隅角所見の違いによって、(1)(2)という2種類に分類され、治療方法も異なります。(2)閉塞隅角性には急性があり、突然眼圧が高まり、痛みや頭痛、吐き気をもよおし、時としてその直後に失明してしまうことがあります。
特に40歳を過ぎた人は、20人に1人は緑内障というデータがあり、定期的に眼科ドックで検査を受けるべきでしょう。

緑内障にかかりやすい可能性としてあげられるものとして、近視 、家系に緑内障発症者がいる場合、糖尿病、高血圧、低血圧、甲状腺機能亢進症、白内障、落屑症候群、小眼球症などです。

緑内障イメージ画像

▲ ページ先頭へ

症状

急性閉塞隅角緑内障は突然激しい眼痛・頭痛を生じ、早急に加療を行わなければ、視神経障害から失明となります。それ以外の緑内障の場合には、一般にはほとんど、末期に至るまで自覚症状はありません。時には、眼精疲労や眼痛などの不定愁訴を伴う場合があります。緑内障は、徐々に視野狭窄が起こり、最後に視力低下、視力障害を起こします。緑内障の症状は、20~30年とかかってゆっくりと進行する場合が多く、気付いた時には手遅れとなることがあります。

▲ ページ先頭へ

緑内障関連病名

緑内障関連病名として以下のものが挙げられます。

1 ) 高眼圧症 眼圧が21mmHg以上でも緑内障性変化を認めない場合には高眼圧症と診断されます。
しかし高眼圧症の一部には何年かのちに緑内障性変化が現れることがあります。
眼圧が25mmHgを越える高眼圧症眼は緑内障になりやすいと報告されています。
2 ) 視神経乳頭陥凹 緑内障性視神経障害が進行すると、視神経乳頭縁の出血・狭細化や視神経乳頭陥凹の拡大など特徴的な緑内障性変化が現れます。このような視神経乳頭変化があるにもかかわらず、視野異常を認めないときに視神経乳頭陥凹と呼ばれています。健康診断や人間ドックでは眼圧・眼底写真を撮り、視神経を観察することによって異常あるいは変化を認めた場合に、眼科での精密検査(視野検査など)を促します。

▲ ページ先頭へ

緑内障のための検査

検査は視力検査、眼圧検査、隅角検査、眼底検査、視野検査、画像解析検査などが行われます。

1 ) 眼圧検査 眼の内部の圧である眼圧を測定します。まず、はじめに眼圧を下げることが緑内障の治療となるので治療状況を把握するための基本的な検査です。
眼圧には日内変動があり朝・昼・夕と眼圧の変化が認められます。
一般に角膜が平均より厚い人は眼圧が実際よりも高く測定され、逆に角膜がもともと薄い人や近視矯正手術で薄くなっている人は、眼圧が実際よりも低く測定されます。他にも円錐角膜などの角膜の病気があると、正確な眼圧測定ができない場合もあります。
2 ) 隅角検査 表面麻酔をおこなったあと、検査用のコンタクトレンズを角膜にのせ、房水の出口である隅角の状態を検査します。隅角の幅や形態異常、色素沈着、隅角後退、新生血管、虹彩前癒着などの有無を確認します。
3 ) 眼底検査 視神経乳頭の大きさ、形、色、乳頭陥凹(C/D比)、網膜神経線維層欠損(NFLD)の有無、乳頭出血の有無等を診る。
4 ) 視野検査 緑内障を発症すると特徴的な視野異常があらわれます。上鼻側内に暗点・マリオット盲点の拡大、ビエルム領域と呼ばれる中心から15度~30度の範囲の暗点、視野の沈下など視野異常がでてきます。通常、末期になるまで中心視野は保たれ、視力も良好なため、視野異常を自覚しづらいです。しかし中心視野が損なわれると視力は急激に低下し、視野異常も自覚します。

当院の使用機器 ハンフリー視野計(HFA)― 静的視野検査。
異なる明るさの光を提示して、光が見える最小の輝度からその位置の感度を決定する検査で静的視野検査と呼ばれています。緑内障性変化のでやすい中心視角30度を検査します。この機器はドイツのハンフリー社が製作しており全世界共通の視野検査であり、膨大な検査データから、性別・人種・年齢などから視野の正常・異常を判断します。緑内障の進行状況の判断には欠かせない検査です。
5 ) 画像解析検査 視神経乳頭や視神経線維層の形状解析により緑内障の有無、進行度合い見ていく検査です。
視神経線維層厚測定装置 (GDx)
OCT(Optical Coherence Tomography)
両機器とも光干渉断層計を用いて視神経乳頭周囲視神経線維層を計測することができます。

▲ ページ先頭へ

治療

現在の緑内障治療の基本は、眼圧を下げることです。その治療として点眼薬、内服薬、レーザー手術、外科手術があります。発症初期にはまず点眼薬により様子を見ますが、点眼薬や内服薬でコントロールができない場合は、視野欠損の進行具合と視神経の障害の程度から判断して、外科的手術をすることもあります。また現在のところ失った視野や視力をものに戻すことは難しいといわれています。

(1)薬による治療

まず点眼薬を行います。眼圧降下が十分ではない場合に、内服薬(炭酸脱水酵素阻害薬)を併用します。一過性に急激に眼圧を下げる必要がある場合(急性緑内障発作、ポスナーシュルスマン症候群・血管新生緑内障などの高眼圧)には、点滴療法を選択する場合もあります。点眼薬には様々な種類・目的・作用部位のものがあり、1種類のみならず、多剤併用で使用されることも多々あります。 治療薬は視野障害の進行を抑えるために使用しますが、失った視野が回復することはないといわれていますが、回復しているという実例も発表されてきています。

(2)レーザー手術
1 ) レーザー虹彩切開術 レーザーで虹彩周辺部に小さな穴をあけて隅角・瞳孔ブロック起きないようにする治療。急性あるいは慢性閉塞隅角緑内障が発症した場合に薬物療法に平行して選択される。レーザーで虹彩切開できない症例に対しては、「観血的虹彩切除術」か「白内障手術」をおこないます。
2 ) レーザー線維柱帯形成術 (ALT; Argon Laser Trabeculoplasty, SLT; Selective Laser Trabeculoplasty)
隅角部にレーザーを照射して小さな穴をたくさんあけ、眼圧を下げる治療。施術しても眼圧が下がるのは約70%であり、効いたとしても眼圧降下作用は弱く、時間が経つにつれてその効果は減弱する場合があり、何度も行う場合があります。
(3)外科手術
1 ) 線維柱帯切開術
(トラベクロトミー)
シュレム管内壁と線維柱帯組織を切り開き、生理的房水流出路の機能回復を目的としている手術です。
2 ) 線維柱帯切除術
(トラベクレクトミー、濾過手術ともいわれる)
虹彩に小さく開口部を作るとともに、強膜に房水が流れる通路をつくり、結膜下に房水を流出させる手術です。
3 ) 隅角癒着解離術 広い範囲に、虹彩前癒着がある閉塞隅角緑内障に対して虹彩癒着を剥離することで、眼圧を下げる手術です。
4 ) 観血的虹彩切除術 レーザー虹彩切開術ができない原発閉塞隅角緑内障に対しておこなわれます。
5 ) 毛様体破壊術 レーザーもしくは冷凍凝固によって房水を作る毛様体を破壊して眼圧を下げる手術です。
6 ) 前部硝子体切除術 悪性緑内障に対して行われます。非常にまれです。

▲ ページ先頭へ

予防方法

人間ドック、眼科ドックを定期的(1年に1度)に受けることをおすすめします。
また、コンタクトレンズの定期検診などでの発見も多いのでコンタクトレンズ使用者は眼科できちんと処方箋をもらうときに眼底チェックをお願いしましょう。当院ではコンタクトレンズ検診のときに必ず眼底チェックも行い、それにより緑内障の早期発見・早期治療に心がけております。何人かの患者様もそれにより発見されています。