診療のご案内 中心性漿液性網脈絡膜症の治療

白内障の日帰り手術も行っております。

手術紹介はこちら

  1. ホーム
  2.  > 診療のご案内
  3.  > 中心性漿液性網脈絡膜症の治療

中心性漿液性網脈絡膜症の治療

中心性漿液性網脈絡膜症とは

視野の中央で、見え方に異常が起きる病気で、眼球のカメラのフィルムである網膜の中心「黄斑」の浮腫による網膜剥離が原因で起こる病気です。

網膜でとくに視力に関与しているのが、眼底のほぼ中央にあたる黄斑〈おうはん〉と呼ばれる部分です。この部分の網膜剥離により、視力にとって一番大切な黄斑が障害されるため生じる病気です。

この病気は、20~50歳(なかでも30~40歳)の人に起きやす医病気です。また、男性は女性の3倍ほど発生率が高いです。過労や睡眠不足のとき、ストレスが溜まったときに発病しやすいといわれています。働き盛りの人で、仕事などで無理が重なったときに起こりやすい病気といえます。

通常は片側の目に起こり、両目同時に発病することは稀ですが、時期をずらして反対の目に発病することはあります。

症状
視力低下 網膜剥離が生じると、視力が低下します。
中心暗点 視野の中央部分が暗く感じます。
変視症 物がゆがんで見えることです。
小視症 物が小さく見えます。
色覚異常 実際の色と違って見えます。
遠視 軽い遠視になることがあります。

中心性漿液性網脈絡膜症イメージ画像1

中心性漿液性網脈絡膜症イメージ画像2

▲ ページ先頭へ

検査
  • (1)視力検査
  • (2)眼底検査(散瞳して)
  • (3)蛍光眼底造影検査

どの部分が病変部位かの診断の確定のために蛍光眼底造影という検査が行われます。
腕の静脈に造影剤を注射し、網膜の血管に流れる様子を時間単位で写真をとり病巣の場所を見つけ出します。

▲ ページ先頭へ

治療

1~3か月で自然に治りやすい病気です。内服薬で脈絡膜循環障害をよくするために末梢循環改善薬や水ぶくれの吸収促進のために蛋白分解酵素薬、視細胞機能亢進のためにビタミン剤の投与をして経過をみていきます。経過が3ヶ月以上かかったり、再発を繰り返す場合は、積極的な治療が必要です。網膜黄斑部網膜剥離の漿液の吸収を促す目的で、レーザー光凝固術をおこないます。

▲ ページ先頭へ

中心性漿液性網脈絡膜症と加齢黄斑変性の関連

中心性漿液性網脈絡膜症と同じ黄斑の病気のひとつに、近年急に増えている疾患に加齢黄斑変性があります。これは、黄斑部に通常では存在しない新生血管という異常な血管が伸び、それが出血や網膜剥離を起こし、視力障害に至る病気です。

中心性漿液性網脈絡膜症の病歴がある人は、加齢黄斑変性を発病しやすい傾向があります。加齢黄斑変性の初期は、中心性漿液性網脈絡膜症と症状が似ていますが、治療は目的も方法も異なります。中心性漿液性網脈絡膜症は、再発しやすい病気です。治療後に、もし再び見え方が異常になった場合、それが本当に再発によるものなのか、加齢黄斑変性の可能性はないのかを確かめる必要があります。とくに50歳を超えた方は、中心性漿液性網脈絡膜症は少なく、加齢黄斑変性が疑われますので、すぐにでも眼科を受診してください。

▲ ページ先頭へ

予防方法

中心性漿液性網脈絡膜症の原因は、睡眠不足や過労、ストレスなどの影響が考えられています。
この病気の治療や予防には、本当は時間をとって、ゆっくり身体と心を休めるのが一番だともいえます。

しかし一方で、この病気は働き盛りの年代の人に多いので、そのような時間をとれる人はあまりいらっしゃいません。症状が長期化したり再発を繰り返すときは、早めに治療しないと治りにくいこともありますし、別の病気(加齢黄斑変性など)の場合もあります。日頃から、片方の目を閉じて見え方がおかしくないか(物がゆがんでないか、視力が悪くなっていないかなど)を確認するなど、早めに異常を発見するように心掛けてください。