診療のご案内 一般眼科

白内障の日帰り手術も行っております。

手術紹介はこちら

  1. ホーム
  2.  > 診療のご案内
  3.  > 一般眼科

一般眼科

一般眼科とは眼の疾患に対して診断・治療を行うことです

一般眼科とは眼の疾患に対して診断・治療を行うことです。 眼というのは見えていることが大切です。目にもたくさんの病気があり、急に悪くなる病気、徐々にゆっくりと悪くなる病気など様々な病気があります。忙しくなかなか時間が作れない方が多いこの地域では、進行してから病気が見つかることも多々あります。早期発見、早期治療により皆様のQuality of visionの維持を心がけ、日々の診療をしてまいります。

緑内障の治療

緑内障とは健常眼圧normative intraocular pressure を越えた眼圧のために機能的・器質的な視覚障害をきたした状態をいいます。眼圧とは角膜・強膜に包まれた眼球の内圧のことです。

詳細はこちら

白内障の治療

原因は様々ありますが、白内障とは水晶体が混濁した状態を言います。水晶体は角膜とともに視力に影響する光学系の構成要素です。

詳細はこちら

白内障の手術

水晶体が混濁し視力低下をきたし、日常生活が不便に感じる場合には、手術を行い水晶体摘出および人工レンス置換術という手術を行い視力回復が図られます。

詳細はこちら

結膜炎の治療

結膜は瞼の内側から角膜輪部までの眼球表面をおおっている平滑な粘膜被膜のことで、外界に直接面しているため外からの刺激や細菌、ウィルスなどの感染やスギ、ダニなどによるアレルギー反応を起こすことがあります。

詳細はこちら

ぶどう膜炎の治療

ぶどう膜とは虹彩、毛様体、脈絡膜の総称で、血管が豊富にある組織でぶどう膜単独からの炎症と、角膜・強膜・網膜・水晶体からの炎症と、転移など全身疾患にともない起きる炎症に分けられます。

詳細はこちら

飛蚊症の治療

視界に黒い点などの浮遊物が見える症状を、あたかも蚊が飛んでいるように見えるため、飛蚊症と呼びます。

詳細はこちら

糖尿病性網膜症の治療

糖尿病性網膜症は糖尿病罹病歴と平行して頻度は高くなる網膜疾患です。最近では、成人の失明第1位となっています。症状には段階があり、段階ごとに治療方法が変わってきます。

詳細はこちら

加齢性黄斑変性症の治療

60歳以上に多く発症し、網膜の黄斑部に脈絡膜毛細血管から新生血管が網膜色素上皮下に伸び、出血を繰り返すことにより滲出性の変化や結合組織の増殖をきたします。

詳細はこちら

中心性漿液性網脈絡膜症の治療

中年男性の片眼に好発、黄斑部を中心とした限局性の漿液性網膜剥離をきたし、症状としては患眼では直線が歪んで見えたり、小さく見えたり、中心が暗くみえたりします。最大の原因は精神的なストレスといわれています。

詳細はこちら

眼精疲労の治療

眼精疲労には様々な要素が関係していることが多く見られます。生活環境・職業や屈折異常、ドライアイや緑内障などの眼疾患、精神神経症などが複雑にからみあい、治療には時間のかかる疾患の一つです。

詳細はこちら