白内障診療の流れ

  1. ホーム
  2.  > 診療のご案内
  3.  > 白内障診療の流れ

白内障診療の流れ

白内障診療について

まずは検査と診療にてご相談なさってください
白内障の手術を担当しているのは
堀越医師と大野医師です。
手術をお考えの場合は、堀越医師か大野医師の診療受診をお勧めいたします。
堀越医師→水曜日のみ
大野医師→火曜日のみ(手術は月曜日)

※学会等で予定が変更になる場合がございます。
ご都合が合わない場合や、まずは検査と相談をご希望の場合
他の医師も可能です。

分からないことがあるときは・・・

予約や診療に関してはスタッフへ
医師に直接問い合わせたい場合は医師へお問い合わせいただけます。
分からない場合はまずはスタッフへとお気軽にお問い合わせください。

診療の流れ

<診察>
手術をお考え・またはご興味がある場合
堀越医師、もしくは大野医師の診療ご予約をお勧めいたします。
もちろん他の医師にご相談いただいても大丈夫です。
まずは検査をさせて頂き、どの程度の白内障なのか
患者様の眼の中の状態のお話をさせて頂きます。
手術をお勧めする場合もございますし、点眼薬などで進行を遅らせ
経過を見ていくことになる場合もございます。
どちらにせよ、気になる症状などございましたら
ぜひお気軽に医師やスタッフにお尋ね下さい。
もちろんご家族の方の同席も可能です。



ご納得の行くまでお話いただいたら・・・
①1度お家への帰って考えてみる!
当院にて手術を強制することはありません。
一度お家へ帰ってご家族と相談したり
決心が付くまでご自分でもう一度調べたり考えたりして頂いても大丈夫です。
②手術する!
早速手術の前に必要な精密検査・採血検査や、手術前後に気をつけていただく事
そして手術の日取りなど、細かい日程の説明を看護師よりさせて頂きます。
③点眼薬などで経過を見る
軽度の白内障で、手術はちょっと・・・といった場合
点眼と検査・診療で経過を観察していく事も可能です。



<手術前の点眼>
手術の4日前から、抗生剤などの点眼をしていただきます。
手術までに、目の中の状態を綺麗にしておくためです。


<手術>
手術当日です。体調を整えておかれてください。
当日朝から点眼をしていただく場合がございます。
手術後、手術したほうの眼は眼帯とガーゼで隠れてしまいます。
多焦点白内障手術(自費)の場合や、遠方から来て頂いている場合
帰りは当院にてタクシーの手配をいたしますので、
片眼でもご安心いただけます。タクシー代はかかりません。



<術後>
翌日診察をさせて頂きます。
視力検査・診察・手術後に必要なお薬と眼帯の説明をいたします。
多焦点白内障手術(自費)の場合、翌日診察にお越しいただく時も
当院でタクシーの手配をいたします。(タクシー代はかかりません)



手術3日後検診です。視力検査と診察をさせて頂きます。



手術7日後検診です。視力検査と診察をさせて頂きます。
手術は片方ずつ行います。早ければ7日後にもう片方を手術いたします。

当院よりお願いすること

現在・今後同じお悩みの患者様のために
また、当院の今後の参考とさせていただくため
体験談をお書きいただいております。
お書きいただいた体験談は、当院のホームページに掲載させて頂きますが
ホームページへの掲載がNGの患者様に関しては、掲載いたしませんので
ご協力お願いいたします。