白内障
  1. 赤坂 眼科
  2.  > 白内障診療
  3.  > 白内障の手術
  4.  > 術後の見え方とは

白内障手術後の見え方

白内障以外の病気が目の奥に潜んでいた場合には、白内障手術をしても視力が出ないことがあります。
手術をする前に白内障以外の病気が潜んでないかということを調べる必要があります。

術後の見え方

(1)手術を受けられる方から、白内障手術後、視力が回復して見えるようになるのか、手術をしたけど見えるようにならなかったという人がいらっしゃいますが、はたして、自分は見えるようになるのかというご質問を受けること多いです。

ご回答としては、白内障手術ですから、白内障を治す手術であって、白内障を治すことができますが、もし白内障以外の病気、例えば糖尿病や高血圧で生じる眼症出血等の眼の病気、緑内障、角膜の病気、弱視、過去の外傷があった場合、白内障手術しても視力が回復しないことがあります。
すなわち、白内障手術を受ける前に必ず、白内障以外の視力を落とす原因となる目の病気がないかどうか、眼科医に調べてもらう必要があります。
もし仮に、違う眼の病気が見つかった場合、白内障の手術を先にしたほうがよいのか、またはもう一つの目の病気を先に治療してから白内障手術したほうがよいのか、あるいは、白内障の手術適応がない場合も生じてきます。
白内障手術をしたことで、更に視力が低下してしまうような目の病気もありますから、白内障の適応検査をしっかり受けるようにしましょう。

(2)白内障手術して見えるようになったけど、以前より色の質感が違うとか車のライトが眩しい、にじんで見える等の様々な見え方の違いを訴えられる方がいます。

ご回答としましては、人間の水晶体(白内障でにごってしまう前のきれいな若いレンズ)は、弾力性があり、いろいろな距離にピントを合わせる事が可能で、物の見え方の質感は大変素晴らしいものです。
白内障手術では、にごってしまった人間の水晶体を摘出し、人工的につくったレンズを移植するものですから、いろいろな意味で人工的につくったものには限界があります。また人それぞれの満足度もちがいます。
かなり進行して見えなくなってから手術する人と、少ししか視力が置いていないが手術される方では手術後の見え方の満足度もかなり違ってきてしまいます。
手術後、「白っぽく見える」や「ライトがにじむ」等は人工水晶体の特性によるもので、多かれ少なかれこのような症状は生じてきてしまいます。人間の目のレンズにまさるものはありません。
但し、人間の適応能力というものも素晴らしく、ほとんどの方が6ヶ月〜1年ほどで軽減していると言われ、それまでサングラス等で対処して頂いております。