白内障
  1. 赤坂 眼科
  2.  > 白内障診療
  3.  > 白内障の症状
  4.  > 老人性白内障

老人性白内障

加齢によって引き起こされる白内障は、高齢者になると誰にでも発症する可能性のある疾患です。
皆さんが総称して呼んでいる白内障はこの老人性白内障(加齢性白内障)のことなのです。

老人性白内障の症状

水晶体が加齢により水晶体を構成しているタンパク質が変性し、透明性を維持できなくなって、白濁してくる白内障です
さらに白濁が進むと、次第にかすんで見えていたものが見えなくなってきます。

初期には二重・三重とものがダブってみえるという症状がでてきます。
視力が落ちてくるというのは、少し進行してきた時の症状です。
部屋の中と外など明るさによって、見え方が違ってくるという方もいらっしゃいます。