白内障
  1. 赤坂 眼科
  2.  > 白内障診療
  3.  > 白内障の症状
  4.  > 先天性白内障

先天性白内障

生まれながらに水晶体に濁りを持っており、新生児・乳幼児・学吸期までに発症する白内障をいいます。

先天性白内障の原因

原因は遺伝によるものと、母親が妊娠中にかかった風疹によるものとが知られています。
後者では、妊娠3ヵ月までに感染した場合は全白内障(水晶体全体が白く濁る)になるといわれていますが、風疹ワクチンの普及で非常に少なくなりました。

水晶体のごく軽い濁りは誰でも持って生まれてきます。
正常な水晶体繊維形成の過程が障害されて起こる白内障のことです。
ほとんどのものが停止性ですが、学童期まで進行するものもあります。
手術の時期や適用は様々ですが、学校での字の判読ができなくなり、手術に踏み切る場合もあります。